認識機能障害そして視力障害

その他の症状に関する情報

  • 視覚障害...いかなるタイプの視覚喪失(失明、視力障害、複視など)でも、非常に重要な問題です。 原因の多くは深刻な病状です。 特定の種類の視力変化は、治療が遅れると失明に至ったり(緑内障、目の負傷、網膜剥離のなどの原因) ... もっと見る»
  • 視力の変化...どのようなタイプの視覚喪失(失明、視力障害、複視など)でも、非常に重要な問題です。 原因の多くは深刻な疾患です。 特定の種類の視力変化は、治療が遅れると失明に至ったり(緑内障、目の負傷、網膜剥離のなどの原因) ... もっと見る»
  • 視力障害...いかなるタイプの視覚喪失(失明、視力障害、複視など)でも、非常に重要な問題です。 原因の多くは深刻な疾患です。 特定の種類の視力変化は、治療が遅れると失明に至ったり(緑内障、目の負傷、網膜剥離のなどの原因) ... もっと見る»
  • 成長不良(不全)...正常な発育は幼児、小児および青年期の若者にとって重要です。 それが体重減少に結びつかなくても、発育速度の低下は様々な医学的な問題を示す可能性があります。 言いかえれば、それは何らかの発育に十分ではなく ... もっと見る»
  • 背丈が低い...小柄な身体のサイズは、単に正常範囲内にある場合がありますが、様々な病状の可能性を示している場合もあります。 幼年期に成長を遅らせる疾患は、遺伝的、代謝的、または単に入手可能な食料の量が低下するなどの環境問題によることがあります ... もっと見る»
  • 目のけいれん...眼振のような眼の不随意的なけいれん動作は、まぶたのけいれん、異常な眼球運動、不随意的な眼球運動、外側や内側への眼球偏位、不随意斜視、不随意眼瞼異常運動などが挙げられます。 ... もっと見る»
  • 感覚...痛みは明らかに、重要なタイプの感覚性症状です。 ピリピリする感じ、うずく感じ、灼熱感、チクチクする痛み、あるいは似たような感覚の比較的軽い異常な神経感覚はすべて、「知覚障害」として知られており、無感覚になることがあります ... もっと見る»
  • けいれん...けいれんは筋肉の不随意運動です。 引きつりまたはチック(顔面けいれん)は小規模のけいれんの例です。 全身のけいれんは発作(または引きつけ)として知られています。 手に多発する、細かい身体の震えまたは身震いは ... もっと見る»
  • 脱力感...脱力感は不明確な医学的症状です。 脱力感は、身体部位の筋肉の脱力あるいは全身脱力を指す場合もあります。 一般的な脱力感もまた、疲労、眠気、衰弱、意識喪失(気絶)あるいはけん怠感によって引き起こされることがあります ... もっと見る»
  • 体重増加...体重の増加は様々な医学的状態あるいは心理的な状況を示しているか、あるいは単に食べ過ぎから社会的に生じる可能性があります。 肥満は、独立して発症する場合や、または基礎疾患によって引き起こされる場合があります ... もっと見る»

特定症状

認識機能障害そして視力障害

認識機能障害そして視力障害: 原因39項目

アレルギー、毒物、化学薬品: 認識機能障害そして視力障害

アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:

誤診: 認識機能障害そして視力障害

含める誤診かもしれない原因:

認識機能障害そして視力障害: 危険な病気

危険な原因は次のとおりです。

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

認識機能障害そして視力障害 そして

症状を削除

検索を拡大:症状を削除


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。