皮膚の病変そして尿の症状

その他の症状に関する情報

  • 痛み...痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。 痛みを無視してはいけません。どのようなタイプの痛みの症状でも、痛みの原因の根本的な原因を診断してもらう必要があるので ... もっと見る»
  • 感覚...痛みは明らかに、重要なタイプの感覚性症状です。 ピリピリする感じ、うずく感じ、灼熱感、チクチクする痛み、あるいは似たような感覚の比較的軽い異常な神経感覚はすべて、「知覚障害」として知られており、無感覚になることがあります ... もっと見る»
  • まめ...水疱は、皮下の2つの層の間に、液体が閉じ込められたものです。 ... もっと見る»
  • ...熱は通常、感染または疾患と戦うために身体が体温を上昇させたことを意味します。 最もよくある原因は、風邪またはインフルエンザのような伝染性のウィルスによるものです。 さらに、原因の可能性としては、胃腸炎 ... もっと見る»
  • 嘔吐...嘔吐は口から胃内容物を出すことをいいます。 これは逆行とは違うものです。逆行は、既に呑み込んでいた食物を出すことをいい、この2つを正しく区別しなければなりません。 嘔吐は、しばしば吐き気に関係がありますが ... もっと見る»
  • 腹痛...腹痛の原因は、命にかかわる非常に危険な病状(急性盲腸炎、腹部大動脈瘤など)から様々なそれほど深刻でない病状(胸やけ、(胃酸などの)逆流、胃腸炎など)まで及びます。どのような症状の腹痛であっても、直ちに専門医の診察を受ける必要があります ... もっと見る»
  • 呼吸困難...いかなる種類の呼吸困難(あるいはいかなる種類の「息切れ」でも、生命にかかわるおそれのある緊急事態です。 それは、心臓発作、肺炎あるいは肺塞栓症などの、様々な危険な疾患の原因と考えられます。 それほど重大でない原因もありますが ... もっと見る»
  • 頭痛...頭痛の原因として考えられるものは、比較的害のない日常的な頭痛または風邪から、髄膜炎のような生死にかかわる緊急事態まで、あるいは思いもよらない脳腫瘍の発症に至るまで様々です。 次のような様々なタイプの頭痛が生じる可能性があります ... もっと見る»
  • 吐き気...吐き気は誰もが経験したことのある、不安で胃がムカムカする感じをいいます。 吐き気は嘔吐に伴って生じたり、嘔吐より前に生じたりすることがよくありますが、嘔吐を伴わない吐き気や吐き気を伴わない嘔吐も生じることがあります ... もっと見る»
  • 尿痛...尿路痛は様々な理由で発生する場合があります。 尿路痛の位置は尿道の痛み、尿道の灼熱感、または排尿時の痛み(排尿中の痛みもしくは灼熱感)と膀胱痛もしくは腎臓痛と区別するのに重要です。 尿路痛は、迅速に専門医師による診断と治療を受ける必要があります ... もっと見る»

特定症状

皮膚の病変そして尿の症状

皮膚の病変そして尿の症状: 原因36項目

アレルギー、毒物、化学薬品: 皮膚の病変そして尿の症状

アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:

誤診: 皮膚の病変そして尿の症状

含める誤診かもしれない原因:

皮膚の病変そして尿の症状: 危険な病気

危険な原因は次のとおりです。

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

皮膚の病変そして尿の症状 そして

症状を削除

検索を拡大:症状を削除


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。