激しい腹痛

激しい腹痛

激しい腹痛: 原因338項目

  1. 運動
  2. 脱水
  3. 甲状腺疾患
  4. 低カリウム血症
  5. 低ナトリウム血症
  6. 低血糖症
  7. 低カルシウム血症
  8. 高カリウム血症
  9. 高マグネシウム血症
  10. 末梢性神経障害
  11. ビタミンB12欠乏症
  12. テタニー(手足の筋肉が強いけいれんを起こすこと)
  13. 熱射病
  14. 妊娠
  15. 副甲状腺機能低下症
  16. 吸収不良
  17. アルカローシス
  18. アルコール性神経障害、アルコールニューロパチー
  19. 糖尿病性神経障害
  20. 破傷風
  21. 鉛中毒
  22. ストリキニーネの毒
  23. 甲状腺機能低下症
  24. 胃腸炎
  25. 黄色ブドウ球菌食中毒
  26. 腎のマグネシウム消耗
  27. 糖尿病
  28. ミトコンドリア病
  29. 1型糖尿病
  30. 2型糖尿病
  31. 橋本甲状腺炎
  32. 筋萎縮性側索硬化症
  33. セリアック病
  34. 淋病
  35. 骨盤内炎症性疾患
  36. 腺筋症
  37. 子宮内膜症
  38. 流産
  39. コレラ
  40. 赤痢菌
  41. ボイド菌、ボイド赤痢菌
  42. 赤痢菌ゾンネ
  43. 旋毛虫症
  44. カルシウム欠乏症
  45. アルコール依存症
  46. ヘロイン依存
  47. アンフェタミン乱用
  48. 抑鬱障害
  49. うつ病
  50. 気分変調
  51. 運動ニューロン疾患
  52. 進行性筋萎縮症
  53. 多巣性運動ニューロパチー
  54. 低カリウム血性周期性麻痺、低カリウム血性周期性四肢麻痺
  55. 潰瘍性大腸炎
  56. 腸閉塞
  57. クリプトスポリジウム症
  58. 胸焼け
  59. ヘリコバクター-ピロリ菌
  60. 偽性腸閉塞
  61. 憩室疾患
  62. 慢性腎不全
  63. 代謝障害
  64. アナフィラキシー
  65. 原発性高アルドステロン症
  66. 腸閉塞
  67. 短腸症候群
  68. マリントキシン
  69. 心臓発作
  70. 月経困難症
  71. ニ次性月経困難症、 続発性月経困難症
  72. 精神的緊張、過労
  73. 出産後甲状腺炎
  74. ポルフィリン症
  75. サイクロスポーラ
  76. ブレーナード下痢症(下痢症症候群の1つ)
  77. 熱けいれん
  78. 熱疲労
  79. 尿毒症
  80. 痙性不全対麻痺
  81. ミオキミア、筋波動(症)
  82. 動脈不全
  83. ドネペジル毒性
  84. タクリン毒性
  85. ホスホグリセリン酸キナーゼ欠乏症
  86. 神経ミオトニー、神経性筋緊張病
  87. 原発性アルドステロン症
  88. アッシャーマン症候群
  89. 成人の偽性腸閉塞
  90. 熱症候群
  91. エーラーダンロス症候群、古典型
  92. 捻転ジストニア、常染色体劣性
  93. アイザック症候群
  94. 筋萎縮性側索硬化症、家族性1型
  95. 筋萎縮性側索硬化症、家族性2型
  96. 筋萎縮性側索硬化症、家族性3型
  97. 筋萎縮性側索硬化症、家族性4型
  98. 筋萎縮性側索硬化症、家族性5型
  99. バーター症候群、妊娠中、1型
  100. 筋萎縮性側索硬化症、家族性6型
  101. バーター症候群、妊娠中、2型
  102. 筋萎縮性側索硬化症、家族性7型
  103. 筋萎縮性側索硬化症、家族性8型
  104. ギテルマン症候群
  105. 捻転ジストニア、X連鎖
  106. ミオアデニル酸デアミナーゼ欠損症
  107. グリコーゲン蓄積症、7型
  108. 捻転ジストニア、常染色体油性
  109. 遠位遺伝性運動性ニューロパシー、型V
  110. コー​​ン症候群
  111. 肢帯型筋ジストロフィー、2C型
  112. 肢帯型筋ジストロフィー、2D型
  113. 肢帯型筋ジストロフィー、2E型
  114. 肢帯型筋ジストロフィー、2F型
  115. 低リン血症性くる病
  116. 捻転ジストニア
  117. ヤングシンプソン症候群
  118. ツァディック−バラク−レビン症候群
  119. ビタミン胎芽
  120. Y染色体の逆位
  121. 筋肉ホスホグリセロムターゼ欠損症
  122. 細管集合体ミオパチー
  123. 家族性甲状腺機能低下症
  124. 家族性下垂体機能低下症
  125. 筋萎縮性側索硬化症、家族性
  126. 筋萎縮性側索硬化症、1型
  127. サイクロスポーラ
  128. 自己免疫 末梢神経疾患
  129. グアム疾患
  130. 乳酸脱水素酵素欠損症、A型
  131. ジストニア12
  132. 伝導ブロックを伴う多巣性運動ニューロパチー
  133. 筋肉ホスホリラーゼキナーゼ欠損症
  134. ナイアシンの毒性
  135. 成人型進行性脊髄性筋萎縮、Aran-Duchenne型
  136. ミオグロビン尿症再発
  137. 筋振動疾患(筋肉が波立つように痙攣する)
  138. 低カルシウム血症、常染色体優性
  139. 急性 錫中毒
  140. ミオグロビン尿症、優性形
  141. 運動神経障害
  142. 副甲状腺機能低下症、X連鎖
  143. 筋振動疾患、1
  144. 筋振動疾患、2
  145. 甲状腺ホルモン血漿膜輸送欠陥
  146. 腎性くる病
  147. 運動誘発性アナフィラキシー
  148. 副腎皮質機能低下症 - 副甲状腺機能低下症 - カンジダ症
  149. 希釈性低ナトリウム血症
  150. 副甲状腺機能低下症、家族性、単独型
  151. 脂肪代謝異常によるミオパシー、脂質蓄積性ミオパチー
  152. 黒色表皮腫による筋けいれん、末端増大
  153. クランプ - 線維束性症候群
  154. 基底核のカルシウム沈着、 低カルシウム血症を伴うまたは伴わない
  155. 下垂体前葉高刺激ホルモン症候群 
  156. 前脊髄動脈症候群
  157. 盲管症候群、盲管症候群
  158. 不均衡症候群
  159. カシン‐ベック病
  160. トロエル- JUNET症候群
  161. 酸/アルカリのアンバランス
  162. 呼吸性アルカローシス
  163. アメーバ症
  164. ヘロインの禁断症状
  165. Ativan離脱症状
  166. コデインの禁断症状
  167. ジラウジッド禁断症状
  168. アヘンの禁断症状
  169. 水中毒
  170. 静脈不全
  171. アッシャーマン症候群
  172. FOSMN 症候群
  173. 辺縁系脳炎 - 神経ミオトニー- 多汗症 - 多発性神経障害
  174. セリアック病、1〜感受性
  175. セリアック病、2〜感受性
  176. セリアック病、3〜感受性
  177. セリアック病、4〜感受性
  178. セリアック病、5〜感受性
  179. セリアック病、6〜感受性
  180. セリアック病、7〜感受性
  181. セリアック病、8〜感受性
  182. セリアック病、9〜感受性
  183. アセチルコリン受容体の欠乏に関連する先天性筋無力症候群
  184. 筋萎縮性側索硬化症3
  185. 筋萎縮性側索硬化症5
  186. 筋萎縮性側索硬化症6
  187. 筋萎縮性側索硬化症7
  188. 筋萎縮性側索硬化症8
  189. 筋萎縮性側索硬化症、9
  190. セリアック病、10〜感受性
  191. セリアック病、11〜感受性
  192. セリアック病、12〜感受性
  193. セリアック病、13〜感受性
  194. 筋萎縮性側索硬化症4
  195. 血管症、遺伝性、腎症、動脈瘤および筋痙攣を伴う
  196. クモ咬刺症
  197. 家族性血尿、常染色体優性 - 網膜細動脈ねじれ - 拘縮
  198. A型インスリン抵抗症候群
  199. 酸素過剰症
  200. 遺伝性カルニチン欠乏症、ミオパシー
  201. 化学(物質)中毒-クロルフェンビンホス
  202. 化学(物質)中毒-モノクロトホス
  203. 魚の肝臓の中毒
  204. アンドンクラゲによる中毒
  205. セキトリイワシの毒(クルぺオトキシン)
  206. サイアネアクラゲの毒
  207. セイウチの毒
  208. イワシの中毒(クルぺオトキシン)
  209. 小腸細菌異常増殖症候群
  210. アンチョビ(カタクチイワシ)による中毒(クルペアトキシン)
  211. 北極アゴヒゲアザラシ中毒
  212. 化学(物質)中毒- 二塩化アセチレン
  213. フィエステリアピシシーダ(有毒の渦鞭毛藻)感染
  214. 海スズメバチ(ハブクラゲ)の毒
  215. 赤痢菌感染症
  216. 化学(物質)中毒- 2,4,6 - トリニトロトルエン
  217. 北極グマの毒
  218. 化学(物質)中毒-クーマホス
  219. 海イラクサの刺し傷
  220. 化学(物質)中毒- 硝酸バリウム
  221. カブトガニの中毒
  222. 海スズメバチの毒
  223. 化学(物質)中毒- メチルパラチオン
  224. 化学(物質)中毒-パーマローション
  225. 植物性中毒-ソラニン
  226. オーストラリア産アシカによる中毒
  227. 海スズメバチの毒 - キロネックス
  228. 黄嚢クモの毒
  229. プスキャタピラの毒
  230. ソトイワシ中毒 (clupeotoxin)
  231. ターポンの毒(クルぺオトキシン)
  232. 化学(物質)中毒- 酸性乾電池
  233. 化学(物質)中毒-ヘキサン
  234. コカイン過剰摂取
  235. ハーブ薬剤の過剰摂取 - 紅茶キノコ
  236. ボイド菌感染症、ボイド赤痢菌感染症
  237. 化学(物質)中毒-ガソリン
  238. 化学(物質)中毒- アルシン
  239. イルカンジクラゲに刺される
  240. 赤痢菌感染症
  241. 赤痢菌ゾンネ感染症
  242. ワモンアザラシの毒
  243. 酸性乾電池吸入中毒
  244. シャムロックの毒
  245. ヒヤシンスの毒
  246. 化学(物質)中毒- アンチモン
  247. 化学(物質)中毒-ストリキニーネ
  248. 化学(物質)中毒-クロルピリホス
  249. 筋萎縮性側索硬化症、6型
  250. 自己免疫甲状腺疾患。シリアック病に関連する
  251. 骨痛
  252. 小児期発症の双極性障害
  253. コラーゲンセリアック病
  254. 線維筋痛症に関連する沈着疾患
  255. セリアック病に関連するダウン症候群
  256. エクスタシー中毒
  257. エプスタイン - バーウイルス関連の線維筋痛症
  258. 食品添加物有害反応 -クエン酸不耐症
  259. 腎異形成
  260. 線維筋痛症に関連する大うつ病性障害
  261. 筋ジストロフィー、肢帯型、常染色体劣性、2E型
  262. 出産後の甲状腺機能亢進症
  263. 出産後の甲状腺機能低下症
  264. 原発性線維筋肉痛
  265. セリアック病に関連する精神疾患
  266. 難治性セリアック病
  267. 線維筋痛症に関連する関節リウマチ
  268. 二次線維筋痛症
  269. 線維筋痛症に関連する睡眠障害
  270. SLEに関連する線維筋痛
  271. セリアック病に対する感受性1
  272. セリアック病に対する感受性10
  273. セリアック病に対する感受性11
  274. セリアック病に対する感受性12
  275. セリアック病に対する感受性13
  276. セリアック病に対する感受性2
  277. セリアック病に対する感受性3
  278. セリアック病に対する感受性4
  279. セリアック病に対する感受性5
  280. セリアック病に対する感受性6
  281. セリアック病に対する感受性7
  282. セリアック病に対する感受性8
  283. セリアック病に対する感受性9
  284. 全身性キャピラリーリーク症候群
  285. 線維筋痛症に関連 緊張性筋炎
  286. ターナー症候群に関連あるセリアック病
  287. 1型糖尿病に関連するセリアック病
  288. 内臓痛
  289. ウィリアム症候群に関連するセリアック病
  290. 慢性腎疾患
  291. アルコール性可逆性急性筋肉痛
  292. Boltshauser 症候群
  293. 化学(物質)中毒
  294. 塩酸アセブトロール‐ 催奇形性薬剤
  295. フロスター−イスケニアス−ウォーターソン症候群
  296. ハーブ薬剤の過剰摂取 – 朝鮮人参
  297. 副甲状腺機能低下症 - 低身長 - 精神遅滞
  298. 辺縁系脳炎
  299. リンパ球性甲状腺炎
  300. ネフティティス属の植物の毒
  301. 胸焼け
  302. 潰瘍性直腸S状結腸炎
  303. ウェルズヤンコビッチ症候群
  304. ウッドハウス-サカチ症候群
  305. チーエン‐オッペンハイム症候群

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

激しい腹痛 そして


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。