排便そして過食

その他の症状に関する情報

  • 体重減少...体重の減少は、小食、摂食障害から糖尿病を含む重度の代謝状態まで様々な病状により生じる可能性があります。 幼児の体重減少は、成長(発育)障害に分類されることがよくあります。 体重減少がみられない成長不良は ... もっと見る»
  • 食欲の変化...食欲の変化は重要な症状の可能性があります。 一般的には、食欲低下あるいは食欲増加のいずれかの症状です。 ... もっと見る»
  • 過剰な空腹感...過食は「多食症」(あるいは過食症)と呼ばれ、多数の疾患の症状である可能性があります。 過食または飲み過ぎを招く様々な精神や感情の状態については、過食を参照してください。 食事時に満腹感を引き起こす疾患(または満腹を感じるのが早すぎる)については ... もっと見る»
  • 感覚...痛みは明らかに、重要なタイプの感覚性症状です。 ピリピリする感じ、うずく感じ、灼熱感、チクチクする痛み、あるいは似たような感覚の比較的軽い異常な神経感覚はすべて、「知覚障害」として知られており、無感覚になることがあります ... もっと見る»
  • 体重増加...体重の増加は様々な医学的状態あるいは心理的な状況を示しているか、あるいは単に食べ過ぎから社会的に生じる可能性があります。 肥満は、独立して発症する場合や、または基礎疾患によって引き起こされる場合があります ... もっと見る»
  • 認識機能障害...精神的認知は、私たちの合理的な思考に根拠を与える様々な心理作用を指します。 ... もっと見る»
  • 便秘...便秘はよく見られる症状で、排便が困難だったりひどく乾いた便を出すのに苦労したりします。 乾いた便は、医学的に「便秘」の範囲に入るとされますが、便秘という用語は、乾いた便あるいは固い便が実際に排便困難を引き起こす時だけに使用されます ... もっと見る»
  • 生理不順...いかなる症状も月経および女性の生殖周期に関係があります。 もっと具体的な症状については、無月経(月経周期がない)、月経困難(月経痛)あるいは膣からの出血を参照してください。 ... もっと見る»
  • 痛み...痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。 痛みを無視してはいけません。どのようなタイプの痛みの症状でも、痛みの原因の根本的な原因を診断してもらう必要があるので ... もっと見る»
  • 腹痛...腹痛の原因は、命にかかわる非常に危険な病状(急性盲腸炎、腹部大動脈瘤など)から様々なそれほど深刻でない病状(胸やけ、(胃酸などの)逆流、胃腸炎など)まで及びます。どのような症状の腹痛であっても、直ちに専門医の診察を受ける必要があります ... もっと見る»

特定症状

  • 排便
  • 過食

    過食は、食欲の変化により引き起こされる場合がありますが(過度の飢餓)、食欲が増進しなくても生じる場合もあります。 ... もっと見る»

排便そして過食

排便そして過食: 原因9項目

誤診: 排便そして過食

含める誤診かもしれない原因:

排便そして過食: 危険な病気

危険な原因は次のとおりです。

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

排便そして過食 そして

症状を削除

検索を拡大:症状を削除


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。