常習的欠勤

常習的欠勤

症状としての常習欠勤は、人が学校を欠席(無断欠席)したり、仕事を欠勤(常習的欠勤)する理由を指します。 時には病状が重く働きに出かけられないこともあります。場合によっては、言い訳をします。 物理的および精神的な障害の両方共、通学や通勤を止めさせてしまうことが可能です。

常習的欠勤: 原因

症状のいくつかの原因がものがあります:

常習的欠勤: 症状の型

症状の種類は次のとおりです。

常習的欠勤: 分類

症状のカテゴリーが含まれます:

常習的欠勤: 関連症状

類似または関連する症状が含まれます:

その他の症状に関する情報

  • 学校に関する問題...小児やティーンエイジャーが学校で問題を抱えている場合は、多くの障害に関する症状がある可能性があります。 あるいは、なんらかの医学的障害もしくは精神障害とは全く関係がないこともあります。 学校での「困難」とは不正確な定義でもあり ... もっと見る»
  • 疲労...疲労はエネルギー不足または体力不足をいい、よく見られる症状です。 しかし、一般的な用法では、この言葉には多くの意味があり、たとえば眠気、嗜眠、脱力感、不快感、無関心あるいは衰弱(筋力低下を含む)が挙げられます ... もっと見る»

常習的欠勤

常習的欠勤: 原因38項目

アレルギー、毒物、化学薬品: 常習的欠勤

アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:

誤診: 常習的欠勤

含める誤診かもしれない原因:

常習的欠勤: 危険な病気

危険な原因は次のとおりです。

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

常習的欠勤 そして


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。