誰でも、風邪やインフルエンザに続いて、咳が出ることを理解しています。確かに、これらは最も一般的な原因です。 風邪やインフルエンザ、および他のウイルス感染は、特に子どもの急性咳の最も一般的な原因です。 子どもの咳の再発を引き起こす原因として他に考えられるのは、喘息、気管支拡張症あるいは嚢胞性繊維症などです。 しかし、咳はまた、百日咳のような別の感染性呼吸疾患、あるいは肺気腫や慢性閉塞性肺疾患(COPD)のような慢性の肺疾患、または肺癌などの可能性もあります。 百日咳は予防接種を行っているので、幼児がかかるのは珍しいですが、成人になると予防接種を受けないので、驚くほどよく見られる疾患であり、また多くの場合診断されないままです。

慢性の咳は様々な疾患の可能性を示している場合があります。 成人では、多くの場合、慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喫煙者の咳、胃食道逆流性疾患(GERD)、後鼻漏、喘息、アレルギーあるいは単に習慣性の咳などです。 喘息の基礎疾患、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、胃食道逆流性疾患(GERD)および咽頭扁桃腺の肥大はすべて、再発または慢性の咳に伴う可能性があります。 がんまたは結核にかかっているも可能性があります。

咳: 原因

症状のいくつかの原因がものがあります:

咳: 症状の型

症状の種類は次のとおりです。

咳: 分類

症状のカテゴリーが含まれます:

咳: 関連症状

類似または関連する症状が含まれます:

その他の症状に関する情報

  • ...熱は通常、感染または疾患と戦うために身体が体温を上昇させたことを意味します。 最もよくある原因は、風邪またはインフルエンザのような伝染性のウィルスによるものです。 さらに、原因の可能性としては、胃腸炎 ... もっと見る»
  • 痰を伴わない咳...多くの呼吸器感染症が、乾いた咳で始まり、次に、肺が唾液をたくさん出し始めるにつれて、湿性咳か喀痰を伴う咳になります。 ある種の慢性の咳または厳しい咳は乾いた咳のままか、あるいは執拗な乾いた咳になる可能性があります ... もっと見る»
  • 痰をともなう咳...多くの呼吸器感染症が、乾いた咳で始まり、次に、肺が唾液をたくさん出し始めるにつれて、湿性咳か喀痰を伴う咳になります。 ... もっと見る»
  • 喀血...喀血の症状は、一般的な血液の混じった痰とは区別する必要があります。血液の混じった痰では、血液が咳以外の原因(鼻血、消化管出血など)からくる可能性があります。 喀血も血液の混じった痰も、重大な症状である可能性があるので ... もっと見る»
  • けいれん...けいれんは筋肉の不随意運動です。 引きつりまたはチック(顔面けいれん)は小規模のけいれんの例です。 全身のけいれんは発作(または引きつけ)として知られています。 手に多発する、細かい身体の震えまたは身震いは ... もっと見る»

咳: 原因1434項目

アレルギー、毒物、化学薬品: 咳

アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:

誤診: 咳

含める誤診かもしれない原因:

咳: 危険な病気

危険な原因は次のとおりです。

咳: 薬の副作用

薬の副作用からの症状の原因は次のとおりです。

  • Lotensin
  • Doxapram Hydrochloride
  • Dopram Injection
  • Dornase alfa
  • Pulmozyme
  • »» 投薬 »»

咳: 薬物相互作用

薬物相互作用から症状の原因は次のとおりです。

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

そして


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。