けいれんそして尿の症状

その他の症状に関する情報

  • けいれん...けいれんは筋肉の不随意運動です。 引きつりまたはチック(顔面けいれん)は小規模のけいれんの例です。 全身のけいれんは発作(または引きつけ)として知られています。 手に多発する、細かい身体の震えまたは身震いは ... もっと見る»
  • 脱力感...脱力感は不明確な医学的症状です。 脱力感は、身体部位の筋肉の脱力あるいは全身脱力を指す場合もあります。 一般的な脱力感もまた、疲労、眠気、衰弱、意識喪失(気絶)あるいはけん怠感によって引き起こされることがあります ... もっと見る»
  • 疲労...疲労はエネルギー不足または体力不足をいい、よく見られる症状です。 しかし、一般的な用法では、この言葉には多くの意味があり、たとえば眠気、嗜眠、脱力感、不快感、無関心あるいは衰弱(筋力低下を含む)が挙げられます ... もっと見る»
  • 気絶...意識喪失は、気絶などの意識消失を意味します。 「めまい」という言葉は、気絶する前に、軽い立ちくらみを感じる場合にしばしば使用されます。 「めまい」というあいまいな用語は、平衡障害、めまい、気絶あるいは全身のだt苦慮区間のような症状とは区別する必要があります ... もっと見る»
  • 痛み...痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。 痛みを無視してはいけません。どのようなタイプの痛みの症状でも、痛みの原因の根本的な原因を診断してもらう必要があるので ... もっと見る»
  • 感覚...痛みは明らかに、重要なタイプの感覚性症状です。 ピリピリする感じ、うずく感じ、灼熱感、チクチクする痛み、あるいは似たような感覚の比較的軽い異常な神経感覚はすべて、「知覚障害」として知られており、無感覚になることがあります ... もっと見る»
  • 尿痛...尿路痛は様々な理由で発生する場合があります。 尿路痛の位置は尿道の痛み、尿道の灼熱感、または排尿時の痛み(排尿中の痛みもしくは灼熱感)と膀胱痛もしくは腎臓痛と区別するのに重要です。 尿路痛は、迅速に専門医師による診断と治療を受ける必要があります ... もっと見る»
  • 嘔吐...嘔吐は口から胃内容物を出すことをいいます。 これは逆行とは違うものです。逆行は、既に呑み込んでいた食物を出すことをいい、この2つを正しく区別しなければなりません。 嘔吐は、しばしば吐き気に関係がありますが ... もっと見る»
  • 混濁尿...混濁尿あるいは乳糜尿は、尿の様々な変化に起因することがあります。 尿中の血液、タンパク尿、尿中の物質あるいは尿の色の変化などの他の症状が原因である場合もあります。 混濁尿は重篤な疾患を示す場合があるので ... もっと見る»
  • 認識機能障害...精神的認知は、私たちの合理的な思考に根拠を与える様々な心理作用を指します。 ... もっと見る»

特定症状

けいれんそして尿の症状

けいれんそして尿の症状: 原因286項目

アレルギー、毒物、化学薬品: けいれんそして尿の症状

アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:

誤診: けいれんそして尿の症状

含める誤診かもしれない原因:

けいれんそして尿の症状: 危険な病気

危険な原因は次のとおりです。

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

けいれんそして尿の症状 そして

症状を削除

検索を拡大:症状を削除


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。